顎関節症・噛み合わせ

噛み合わせと全身疾患の関係について

顎関節症は、噛み合わせのズレや打撲などの外傷の他、さまざまなストレス、姿勢や寝相の悪さなど、さまざまな原因が考えられます。例えば、無意識に行っている噛みぐせや、何気なく行っている頬づえも、顎関節症の原因となります。
噛み合わせが悪いと、全身疾患の原因になることが知られています。

噛み合わせで注意すべき全身疾患

顎の痛みや雑音
肩こり
偏頭痛
耳鳴り
めまい
視力の低下
腰痛(ヘルニア) など

どのような症状があるときに、顎関節症を疑うべきか

顎関節症は、加齢や噛み合わせの悪さが原因で、顎関節の関節円板がすり減り、骨と骨が当たって痛みが生じる症状です。
以下の症状があるときは、顎関節症を疑いましょう。
むやみに治療しないほうがいい場合もあります。まずは診断を受けて、専門家の意見を聞きましょう。

顎関節症の症状

口が開かない。
口を開けると痛い。
ものを咀嚼しているときに痛い。
あごを開くとカクカク、シャリシャリと音が鳴る。
あごが外れる。
歯ぎしり、食いしばりがある。

顎関節症の治療でどのような症状の改善が見込めるか

顎関節症の治療を行うと、以下のような症状の改善が見込まれます。

顎の痛みがおさまる。
開きにくかった口が開く。
咀嚼しても痛くない。
歯ぎしりや食いしばりが治る。

顎関節症の診断

顎関節症の診断は、おもに問診と触診で行います。

問診

顎のどの部分が痛いか
いつごろから痛いか
痛さの大きさ など

触診

口を開いたとき、顎がズレていないか
左右の顎のバランス
虫歯や親知らずはないか など

顎関節症の治療

当院の顎関節症の治療は、原因や症状により、さまざまな方法を用意しています。

当院の顎関節症の治療

虫歯や親知らずの原因治療
就寝時のナイトガード(マウスピース)装着(歯ぎしり・くいしばり防止の治療)
マイオモニター(電気)による顎の筋肉マッサージ
炎症や筋肉を和らげる薬の投与
レーザーでの消炎
ヒアルロン酸注射(重症患者のみ。大学病院で行います)