予防歯科

20本以上、自分の歯を保つことでなぜ健康寿命が延びるのか

「8020運動」とは、厚生労働省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の歯があれば、食生活にほとんど影響はないといわれています。その結果、健康寿命が延びることになります。
日本人は、50歳で20本の残存歯が平均とされています。それを80歳まで残そう、ということです。

  • 咀嚼することで栄養を摂取できる。
  • 噛むことで脳が刺激され、老化防止になる。
  • 奥歯があると力を入れやすく、転倒防止につながる。

当院では「8020運動」に賛同しています。ただ悪い歯を抜くのではなく、可能な限り歯を残す治療を行っています。
80歳で20本の歯がある方には、当院から連絡し、日本歯科医師会から表彰されます。現在までに多くの方が、表彰を受けられています。

自宅でできるむし歯、歯周病予防について

自宅でできるむし歯、歯周病予防は、何よりも歯磨き(ブラッシング)があります。以下のポイントに気をつけて、ブラッシングしましょう。

硬い歯ブラシはあまり使わない。
歯磨き粉は少量で十分。
力を入れ過ぎない。
歯ブラシのサイズは自分の口に合ったものを。
左右バランスや歯の裏側などにも注意し、磨き残しをしないようにする。
毎食後の1日3回、ブラッシングする。

どのような生活習慣で8020を達成できるのか

健康な歯と生活習慣は、密接に関わっています。正しい生活習慣を送り、80歳で20本の歯を残しましょう。

毎食後の歯磨きを欠かさない
正しい生活習慣を送る
暴飲暴食は控える
正しい姿勢で過ごす
適度な運動をする