レーザー治療

レーザー治療でできること

レーザーは光のエネルギーを非常に細く集束しているため、強いエネルギーを持っています。このレーザーの光を熱に変換し、治療に応用したのがレーザー治療です。
レーザーによる治療の範囲は、生体の表面に限られます。そのため、治療部分以外への影響が最小限で済みます。レーザーは出血を伴わずに悪い部分を除去するだけでなく、痛みを和らげたり、ハレをおさえてキズの治りを早くしたりする効果も期待できます。
また、レーザー治療の導入が「歯を抜く」「歯を削る」ことを最小限にします。

たとえば、歯周病の治療では、歯周ポケットにレーザーを照射してうみを出すことができます。歯肉炎の治療にも効果的なので、歯周病の予防が期待できます。
また、抜歯した後にレーザーを照射してその部分にかさぶたつくれば、止血することもできます。

レーザー治療器にはさまざまなタイプがありますが、当院では、炭酸ガスレーザーを使った治療を行っています。

口内炎の治療について

お口の中にできる口内炎や口角炎、また入れ歯が当たってできる潰瘍(かいよう)の痛みは大変不快なものです。
しかし、レーザー治療によって痛みはすぐに和らげることができ、治りも早くなります。
レーザー治療は口内炎に対して即効性の高い効果を得ることができますので、お困りの方はお気軽にご相談ください。

根管治療について

根管治療は、歯の神経や血管を取り除く治療です。しかし、神経をすべて取り除けなかった場合、虫歯菌が再度繁殖し、痛みや炎症が起こったりします。それを防ぐためには、神経を丹念に取り除き、確実に滅菌することが必要です。
ここで力を発揮するのが、レーザーによる熱消毒です。これは「光力学療法」というもので、細菌を色素で染め、その色素にレーザーを当てて細菌の細胞壁を破壊するというものです。
薬剤を使用しないので副作用がなく、滅菌効果も高いので、より安全・安心な根管治療を行うことができます。

妊婦の方の治療にも有効

妊婦さんの歯科治療は、お腹の赤ちゃんへの影響を第一に考えて行う必要があります。
妊婦さんの不安なお気持ちに配慮し、当院では、妊婦さんの治療には極力、お薬やレントゲンを使用していません。
当院で使用している炭酸ガスレーザーの光は体にやさしく、適切に使用すれば副作用の心配はまずないといっていいでしょう。妊婦さんでも、安心して治療を受けていただけます。