2015.08.25更新

なぜ虫歯になるのでしょう?

歯ブラシをしないから?
甘いモノばかり食べているから?

すべて正解です。

今回は、虫歯のメカニズムについて少し詳しくお話していきます。

虫歯は、ミュータンス菌という虫歯の原因菌が飲食物に含まれる砂糖を使って酸をつくり出します。そして時間の経過とともにその酸が歯のエナメル質を溶かしてしまう所から始まります。

歯、砂糖、細菌(ミュータンス菌)、時間(砂糖の停滞時間)。これらの条件がお口の中に揃うと虫歯の発生になります。

逆にいうと、これらの1つでも欠ければ虫歯には至らない、ということになります。

まずは、飲食をしたら歯磨きをすることを心がけ、お口の中に長い間砂糖が停滞していない環境を作りましょう。

特に不規則に食事をするダラダラ食べは、常にお口の中に飲食物が残っている状態ですのでよくありません。規則正しく食事をすることも大切です。

生活習慣を見直し、虫歯を予防しましょう。

投稿者: 第一歯科医院

2015.08.24更新

虫歯の予防は、やっぱり歯磨きが重要です。

前回もお話しました虫歯の原因菌「ミュータンス菌」。これは食べ物のカスがたまって出来るプラークの中に多く存在します。それらが、酸をつくり出し虫歯になります。

このことから、虫歯予防には適正な歯磨き(プラークコントロール)が重要です。
それだけではなく、飲食の回数も関係してきます。飲食後のお口の中は酸性に傾きます。しかし通常は唾液の力によって元に戻されます。飲食の回数が多くなると、唾液のちからで元に戻すことが追いつかなくなり、虫歯の発生率が高くなります。

特に注意していただきたいのは、
・寝る前の飲食
・砂糖の入ったジュースや飴
・過度の間食
です。これらはお口の中が酸性に傾きやすく虫歯のリスクも高まります。

お子さまには、間食の時間はきっちり決めて規則正しく食事をすることが大切です。

投稿者: 第一歯科医院

2015.08.18更新

最近では「知覚過敏」という言葉はCMよく耳にします。冷たいものを口にした時、歯を磨いている時、虫歯では無いのに歯がしみる、不快な症状を感じたことはないでしょうか?

今回は、「知覚過敏」のメカニズムについてお話ししていきます。

歯のしみる原因は虫歯以外には、
①歯ぎしり
②くいしばり
③強すぎるブラッシング
による歯と歯肉への強いダメージによって引き起こされます。

歯への刺激は象牙質という部分を通って神経へ伝えられます。
健康な歯は通常硬くて丈夫なエナメル質に覆われています。
しかし、上記のダメージによりエナメル質が破壊されると神経に刺激がいき「知覚過敏」の症状が出るのです。

すぐに収まる場合もありますが、症状が長く続くようでしたら早めに歯科医院を受診してください。
露出させたままの象牙質は虫歯になりやすいのです。

投稿者: 第一歯科医院

2015.08.11更新

皆さんもご存知だと思います「歯周病」。

一体どんな病気なんでしょう。

歯周病は、歯肉(歯周組織)に起こる化膿性の炎症です。痛みもなく、じわじわと進行していき、歯肉が腫れたり、口臭が起こったり、歯を支えている歯周組織が破壊され骨が溶けていきます。放置しておくと歯が自然に抜け落ちてしまう、とても怖い病気です。

現在日本では成人の約80%が歯周病に罹患していると言われています。

お伝えしましたが、歯周病は虫歯と違い傷みが無いので、ご自身で気づくことが難しい病気です。
「あれ?おかしいな」と思った段階ではかなり進行してしまっていると言うケースもたくさんあります。
なので、歯周病の予防、早期発見には定期的な歯科医院で行う検診、クリーニングが大切です。

長く健康な歯で美味しく食事をするために、一緒にケアをしていきましょう。

投稿者: 第一歯科医院

2015.08.04更新

突然ですが、皆さんよく噛んで食事をしていますか?

よく噛むことはさまざまな効用があるため、「8020運動」に続いて最近では「噛ミング30」という運動がよく聞かれるようになりました。

「30回噛むだけでしょ?」と思いがちですが、これがやってみるとなかなか大変です。
しかし、よく噛むことで沢山のメリットがあります。

まずは、肥満予防。よく噛みゆっくり食べることで満腹中枢を刺激することから肥満防止になります。
ほかには、噛むことで脳が刺激され老化防止になる、唾液が多く出ることにより自浄作用が高まり虫歯予防になるなど。特にお子さまはよく噛むことで顎の成長に良い影響を与えるので歯並びにも良いと言われています。
つまり、よく噛むことって良いことばかりなんです。

しかし、しっかり噛むことは歯が健康であるからできることです。
日頃のホームケアや定期検診を心がけましょう。
第一歯科医院では多くの歯科衛生士が在籍しておりますので安心して予防をお任せください。

投稿者: 第一歯科医院