2015.08.18更新

最近では「知覚過敏」という言葉はCMよく耳にします。冷たいものを口にした時、歯を磨いている時、虫歯では無いのに歯がしみる、不快な症状を感じたことはないでしょうか?

今回は、「知覚過敏」のメカニズムについてお話ししていきます。

歯のしみる原因は虫歯以外には、
①歯ぎしり
②くいしばり
③強すぎるブラッシング
による歯と歯肉への強いダメージによって引き起こされます。

歯への刺激は象牙質という部分を通って神経へ伝えられます。
健康な歯は通常硬くて丈夫なエナメル質に覆われています。
しかし、上記のダメージによりエナメル質が破壊されると神経に刺激がいき「知覚過敏」の症状が出るのです。

すぐに収まる場合もありますが、症状が長く続くようでしたら早めに歯科医院を受診してください。
露出させたままの象牙質は虫歯になりやすいのです。

投稿者: 第一歯科医院