2015.08.11更新

皆さんもご存知だと思います「歯周病」。

一体どんな病気なんでしょう。

歯周病は、歯肉(歯周組織)に起こる化膿性の炎症です。痛みもなく、じわじわと進行していき、歯肉が腫れたり、口臭が起こったり、歯を支えている歯周組織が破壊され骨が溶けていきます。放置しておくと歯が自然に抜け落ちてしまう、とても怖い病気です。

現在日本では成人の約80%が歯周病に罹患していると言われています。

お伝えしましたが、歯周病は虫歯と違い傷みが無いので、ご自身で気づくことが難しい病気です。
「あれ?おかしいな」と思った段階ではかなり進行してしまっていると言うケースもたくさんあります。
なので、歯周病の予防、早期発見には定期的な歯科医院で行う検診、クリーニングが大切です。

長く健康な歯で美味しく食事をするために、一緒にケアをしていきましょう。

投稿者: 第一歯科医院